2020.2.5 03:00(1/2ページ)

小出恵介、ゴミ人間役で再出発 NYで2年ぶり芸能活動

小出恵介、ゴミ人間役で再出発 NYで2年ぶり芸能活動

米ニューヨークで再始動が決まった小出。本紙は昨年末に撮影された最新のアーティスト写真も入手

米ニューヨークで再始動が決まった小出。本紙は昨年末に撮影された最新のアーティスト写真も入手【拡大】

 米国でゼロから再起-。俳優、小出恵介(35)が9月にニューヨークで2年ぶりに芸能活動を再開することが4日、分かった。お笑いコンビ、キングコングのツッコミ担当、西野亮廣(あきひろ、39)の絵本「えんとつ町のプペル」の初ミュージカル作品に主演する。全編英語で主役のゴミ人間を演じる小出は、本紙の取材に「とにかく頑張らねば」と前を向いた。

 再起のために選んだ場所は、ミュージカルの本場ニューヨーク(NY)だった。しかも全編英語作品で、主演デビューを飾る。本紙が入手した情報を基に取材を進めた結果、小出本人が、代理人の池田尚弘弁護士(44)を通じて認めた。

 その前に時計の針を2年前に戻すと-。2018年6月、所属事務所、アミューズとの専属契約が終了。当時、文書で「初心に戻り、一表現者として皆さまの前に姿をお見せすることができればと思っております」と報告していた。

 「誰も助けてくれない場所で自分を見つめ直し、俳優として一から訓練したかった。NYはエンタメの本場アメリカの中でも、世界中から強い信念を持った人が集まる活発な街。自分に合っていると思ったんです」。代理人を通じてメッセージを寄せた小出。18年10月に就労ビザを取得し、NYのアパートで1人暮らしを始めたという。ところが-。

【続きを読む】

  • 原作の絵本「えんとつ町のプペル」の一場面。一見イカのような形の右がゴミ人間プペルで、本番では小出の顔も見えるよう工夫される。隣は少年ルビッチ