2020.2.2 20:45

鬼束ちひろ、『月光』歌詞誕生秘話「元の自分に自信がなくて」

鬼束ちひろ、『月光』歌詞誕生秘話「元の自分に自信がなくて」

鬼束ちひろ

鬼束ちひろ【拡大】

 シンガー・ソングライター、鬼束ちひろ(39)が1日、NHKの音楽番組「SONGS」(土曜後11・0)に出演。ヒット曲「月光」の秘話を語った。「私の名を知らせてくれたすごい曲。子どもだと思ってるんですよ、曲を。いっぱい出来た成人した子どもの1人」と愛着を語った。

 当時のプロデューサーからは、デビュー前に曲をたくさん書くように勧められたという。「1曲を作るのにワンピース1枚って決めてた、自分に買ってあげる。1日7曲とか書いた日には破産ですよ。月光なんてその破産したときの1曲」と当時を振り返った。

 発売から20年経ったこの曲について「すごい歌詞だなと思う。『腐敗』っていう言葉が出てくるんですけど、それを当時のプロデューサーにどうしようねって2人で悩んでいた。でも当時の私は『腐敗』をどうしてもやめたがらなかった、若さあるある。その当時なりの意地があったんでしょうね」と歌詞の誕生秘話を明かした。

 また自分の感覚を大事にしているといい、「元の自分に自信がなくてそれを多分(詩に)書いてるんですよね。だからそれこそ『月光』の(歌詞の一部)“I am God’s child”といったのも、自分の居場所がわからなかったんですよね」と語った。