2020.2.2 05:05(1/6ページ)

川口春奈、初大河への思い激白!川口春奈しかできない帰蝶を演じたい

川口春奈、初大河への思い激白!川口春奈しかできない帰蝶を演じたい

特集:
川口春奈
  • 初時代劇で大河に挑む川口。戦国の世に翻弄されながら気丈に使命をまっとうした帰蝶同様、明るい笑顔で試練を勝機に変える=東京・赤坂(撮影・山田俊介)
  • 2日放送の第3回では懸命に習得した乗馬シーンを披露する
  • 「麒麟がくる」劇中写真。主演の長谷川博己
  • 凜々しくも茶目っ気のある言葉で、自身の思いをストレートに語る川口=東京・赤坂(撮影・山田俊介)
  • 初時代劇で大河に挑む川口
  • 「麒麟がくる」主演の長谷川博己
  • 初時代劇で大河に挑む川口
  • 初時代劇で大河に挑む川口
  • 初時代劇で大河に挑む川口
  • 初時代劇で大河に挑む川口
  • 初時代劇で大河に挑む川口
  • 初時代劇で大河に挑む川口
  • 初時代劇で大河に挑む川口
  • 初時代劇で大河に挑む川口
  • 初時代劇で大河に挑む川口
  • 初時代劇で大河に挑む川口
  • 初時代劇で大河に挑む川口
  • 初時代劇で大河に挑む川口

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・0)で、織田信長の正室・帰蝶(濃姫)役を好演している女優、川口春奈(24)が大河への思いをサンケイスポーツに告白した。出演決定後初めてインタビューに応じ、昨年11月に薬物事件を起こした沢尻エリカ被告(33)の降板により、急きょ抜てきされた心境などを吐露。重圧を試練とし、前を向いて初時代劇の撮影に臨む川口は「なるべくしてなったと思っていただけるように、最後まで演じたい」と、戦国時代を強く生きた帰蝶のように毅然と語った。

 国民的ドラマの現場に足を踏み入れてから約2カ月。凛としたたたずまいで初回から存在感を放つ川口が、秘めていた思いを初告白した。

 「戸惑いやプレッシャーはもちろんありましたが、挑戦できる場所だと確実に思いました」

 当初、帰蝶役で出演予定だった沢尻被告が昨年11月16日に薬物事件で逮捕され、降板。メディアに注目される中、同21日に新たな帰蝶役として大河初出演が決まった。

 「いろんなことがありましたけど、結果、自分が今やらせてもらっていることが本当にご縁だと思います。最後までやらなきゃなという責任も感じています」

 帰蝶は主演俳優、長谷川博己(42)扮する明智光秀の主君・斎藤道三(本木雅弘、54)の娘で、後に織田(染谷将太、27)の正妻になる重要な役。おてんば姫で2度の政略結婚など運命に翻弄されながらも、与えられた場所で爪跡を残す芯のある女性で、共通点も感じている。

【続きを読む】