2020.1.31 05:01

京都の保健所かたり新型肺炎予防で偽メール…添付ファイルを開くと“ウイルス”感染の恐れ

京都の保健所かたり新型肺炎予防で偽メール…添付ファイルを開くと“ウイルス”感染の恐れ

 新型肺炎の感染が拡大する中、京都府山城南保健所(木津川市)をかたって、予防を呼び掛ける偽メールが出回っていることが30日、保健所への取材で分かった。添付ファイルを開くとコンピューターウイルスに感染する恐れがあるとして、削除するよう求めている。

 保健所によると、偽メールの文面は、管内の医療機関などに実際に送信された注意喚起のメールの内容と同じとみられる。感染予防対策を閲覧できるように装ったファイルが添付されている。