2020.1.26 11:30

【ジャナドル日記 Azully】フェチ系写真の雑誌掲載に、社長グラドルが挑戦

【ジャナドル日記 Azully】

フェチ系写真の雑誌掲載に、社長グラドルが挑戦

特集:
ジャナドル
サンスポGoGoクイーン

 「谷間、クビレ、お尻、腹筋、ワキ、脚、それとも……。あなたは何フェチですか?」

Azully

 ジャナドルとして活動している社長グラドルのAzullyです。本コラムでは、グラビアモデルの仕事を中心に、モデル仲間との女子会や社長業のことなど、オフショットとともにお伝えします。

 今回は、楽楽出版『EX MAX(エキサイティングマックス)』の「カメラマンになろう」コーナーへの掲載企画にチャレンジしました。雑誌社がグラビアアイドルの撮影会「PLAYZONE撮影会」とコラボした企画で、撮影会に参加されたお客様の撮影した写真が、選考のうえで誌面に掲載されるというものです。しかもDVDの付録もあるという。

 そして、当回のコンセプトは「リアルフェチ」!

 グラドル仲間の麦酒里栄さん、伊藤早由利さんと私、Azullyの3人で出演しました。

左から 麦酒里栄、Azully、伊藤早由利

 グラビア撮影では、S字ラインを美しく魅せるようなポージングが求められるので、バストやウエスト、ヒップまでを意識することは多いのですが、私のファンの中にフェチでいえば、ワキフェチと腹筋フェチという方もいらっしゃるので、腕を上げたりお腹に力を入れて腹筋を出したりするポーズをすることもよくあります。

 現場では「リアルフェチ」を追求するためにも、「何フェチですか?」とお客様と会話しながら進行しました。

撮影の休憩中にポージングを研究しながらセルフィーするAzully

撮影の休憩中にポージングを研究しながらセルフィーするAzully

 バラエティ豊富にフェチ系を撮り揃えていただいたと思いますが、どのような写真が撮れて、どの写真が掲載されるかは私もわかりません。

 1月24日発売3月号・楽楽出版『EX MAX(エキサイティングマックス)』とのことで、今からちょっと緊張します。もちろん「リアルフェチ」も大切ですが、『可愛い感じに撮れた写真が掲載されますように~』と私は祈るばかりです。

 協力:楽楽出版『EX MAX』、PLAYZONE撮影会

 場所:ボナスタジオ(東京都新宿区四谷三栄町25-45)

Azully(アズリー)

「社長グラドルはカラダが資本」がキャッチコピー。ITサービス会社など2社を経営しながら、2016年秋に水着モデルデビュー。TVやイベント等で「社長グラドル」と紹介され、社長業とグラビアモデル業の両軸で活動中。大阪府出身。163センチ、B87W57H88。血液型B。趣味は水泳、ネットサーフィン、ボディーメイキング、ゴルフ、料理。特技、ウェブ解析。サンスポGoGoクイーンファイナリスト。