2020.1.24 05:02

伊集院静氏、くも膜下出血で緊急搬送…作家活動を断念する可能性も

伊集院静氏、くも膜下出血で緊急搬送…作家活動を断念する可能性も

 「大人の流儀」シリーズなどで知られる直木賞作家の伊集院静氏(69)が21日にくも膜下出血で倒れ、病院に救急搬送されたことが23日、分かった。伊集院氏の事務所が発表した。22日に行われた手術は成功したが、依然として「予断を許さない状況」という。

 事務所によると、伊集院氏は投薬によって眠っている状態で、まだ本人と連絡が取れていない。

 伊集院氏の妻で女優、篠ひろ子(71)は事務所を通じ、本名の西山博子の署名で直筆のコメントを発表。「この先どのような状態になるのか、まだ予断は許されない状況です。週刊誌、新聞など連載を多く抱えている立場におりますが、道半ばで書く事を断念せざるを得ないとしたら、こんなに悲しい事はありません」と、作家活動を断念する可能性を示唆した。

 そのうえで「願いが叶うのであれば又、ペンを持って皆様に作品をお届け出来る事が私の心からの思いです」と胸中を明かし、「いままでのように穏やかな執筆生活を取り戻せる日まで精一杯頑張ってまいります」とつづった。

 伊集院氏は広告代理店勤務などを経て1981年に作家デビューし、92年に「受け月」で直木賞を受賞。「伊達歩」のペンネームで作詞家としても活動し、近藤真彦の「ギンギラギンにさりげなく」「愚か者」などのヒット曲がある。2016年秋に紫綬褒章を受章。私生活では一度の離婚後、84年に女優の故夏目雅子さんと再婚したが死別。92年に篠と再々婚した。