2020.1.24 05:02(1/2ページ)

小林旭、妻・青山京子さんへ鎮魂“歌づくし”…告別式でタイトル織り込み喪主あいさつ

小林旭、妻・青山京子さんへ鎮魂“歌づくし”…告別式でタイトル織り込み喪主あいさつ

斎場で京子さんを見送った小林に代わり、位牌を抱き、霊柩車で出発する長男の一路さん=東京・品川区(撮影・土谷創造)

斎場で京子さんを見送った小林に代わり、位牌を抱き、霊柩車で出発する長男の一路さん=東京・品川区(撮影・土谷創造)【拡大】

 歌手で俳優、小林旭(81)の妻で、12日に肺がんのため死去した元女優、青山京子(本名・小林みどり)さん(享年84)の葬儀・告別式が23日、東京・西五反田の桐ヶ谷斎場で営まれた。

 俳優、高橋英樹(75)、丹古母鬼馬二(たんこぼ・きばじ、70)、タレントのなべおさみ(80)ら約100人が参列した。

 関係者によると、遺影や晩年に撮影した柔和な表情の京子さんの写真で、小林自身が選んだという。祭壇には「たくさんの花に送られたい」という故人の遺志をかなえるため、胡蝶蘭やカーネーション、ユリなど色とりどりの花が飾られた。

 小林は喪主あいさつに立った際、「北へ」「ついて来るかい」から始まる名曲の数々を織り込んだ詩を朗読。最後に「皆さまの熱き心をいただいて本人も悠々と旅立てたと思います」と深々と頭を下げた。

 詩は書道家、小澤蘭雪さんが前夜、書き上げた。小澤さんの夫が小林のポリープ除去手術の執刀医で、京子さんが書道をたしなんでいたこともあり、家族ぐるみの付き合いをしてきた。

【続きを読む】