2020.1.23 05:05(1/2ページ)

フジのエース女子アナ、ミタパンが30代会社員と結婚!家庭と両立目指す

フジのエース女子アナ、ミタパンが30代会社員と結婚!家庭と両立目指す

特集:
女子アナ
才色兼備の美人アナとしてお茶の間に親しまれる三田アナ。“夜の顔”として報道番組に出演しており、癒やされていた男性ファンはガッカリ!?

才色兼備の美人アナとしてお茶の間に親しまれる三田アナ。“夜の顔”として報道番組に出演しており、癒やされていた男性ファンはガッカリ!?【拡大】

 ミタパンの愛称で親しまれるフジテレビの三田友梨佳アナウンサー(32)が、30代の男性会社員と結婚していたことが22日、分かった。入社9年目の五輪イヤーに花嫁となり、人生で最高の節目を迎えた。フジきっての癒やし系エースアナは今後も仕事を続け、確かな知識に裏打ちされたアナウンス力を武器に“報道の顔”として活躍。持ち前の細やかな気配りで、家庭と仕事を両立させていく。

 潤んだ大きな瞳と歯切れのよい美しい声。才色兼備の超人気女子アナが、愛する男性と新たな人生の一歩を踏み出していた。

 フジの看板を担う三田アナは、多忙な仕事の合間をぬって愛を育み、22日までに婚姻届を提出。同局によると、お相手は30代の男性会社員で、挙式・披露宴は未定。今後も仕事を続ける。

 ミタパンの愛称でお茶の間に親しまれる笑顔美人は、昨年4月からニュース番組「Live News α」(月~木曜後11・40、金曜深夜0・10)の月~木曜メインキャスターと「Mr.サンデー」(日曜後10・0)のアシスタントキャスターを担当している。

 実家はミシュランで三つ星を獲得したこともある東京・日本橋人形町の老舗料亭「濱田屋」で、父は東京・日本橋浜町の明治座オーナー。三田アナは青山学院大時代、硬式野球部のマネジャーも務めており、周囲に対する気配りや聞き上手な点は、大学時代に培われたと証言する関係者もいる。

 入社は2011年4月で、14年2月にロシアのソチで行われた冬季五輪では、現地キャスターとして熱戦を届けた。現在は報道畑で活躍しているが、スポーツも得意分野なだけに、今年の東京五輪・パラリンピックにも何らかの形で関わる可能性が高い。

【続きを読む】

  • 2018年6月のイベントで“結婚指輪ポーズ”を披露するミタパン。同期の竹内アナの結婚をうらやましがっていたが、自身も見事にゴールインした
  • 日本ハム2軍春季キャンプ、大谷のブルペン投球を撮影するフジテレビ・三田友梨佳アナ=2013年2月3日撮影
  • 「ミタパン&パンクブーブー」CD発売記念イベントで、セーラー服姿でデビュー曲を披露した三田友梨佳アナ=2012年8月8日撮影
  • 最近結婚した主な女性アナウンサー