2020.1.19 17:07

釣りフェスティバル最終日、サンスポGoGoクイーン西永がアジのさばき方挑戦

釣りフェスティバル最終日、サンスポGoGoクイーン西永がアジのさばき方挑戦

特集:
サンスポGoGoクイーン
アジを見事にさばいた西永彩奈と指導した『丸又丸』の鈴木仁船長=横浜市

アジを見事にさばいた西永彩奈と指導した『丸又丸』の鈴木仁船長=横浜市【拡大】

 釣りの祭典「釣りフェスティバル2020」(主催・日本釣用品工業会)は19日、パシフィコ横浜で最終日を迎えた。

 サンスポブースでは、松輪間口港『丸又丸』の鈴木仁船長がアジのさばき方講座を開催。GoGoクイーンの西永彩奈(24)が午後の部でチャレンジした。「魚をさばく動画を見るのが趣味」という西永だが、さばくのは初めて。「最近の仕事の中では一番緊張しています」と包丁を握り、悪戦苦闘しながらもアジを三枚おろしに。指導した鈴木船長から「初めての割にはうまくできた。100点満点」とのお墨付きを得た。

 西永は「見るのとやるのは全然違う。でも、ウロコを取るセンスだけはありますよ。ファンも駆け付けてくれて盛り上げてくれた。忘れない日になりました」と笑顔。釣り経験は何回かあるが、釣った経験はないといい、「この1年で船釣りに行って、アジを自分で釣って自分でさばいて食べてみたい」と目標を掲げた。

 大原『長福丸』の藤井俊輔船長と同『つる丸』の岩瀬正尚船長が行ったヒラメの釣り方講座にも飛び入り出演。18日が誕生日だったことからサプライズでバースデーケーキがプレゼントされ、「サンスポを盛り上げていきたい」と24歳の誓いを立てた。

  • ヒラメの釣り方講座を開く左から『長福丸』藤井俊輔船長、西永彩奈、『つる丸』岩瀬正尚船長
  • ステージ上で誕生ケーキをもらった西永彩奈
  • サンスポブースは午前の部から盛り上がった