2020.1.16 11:16

トヨタ「空飛ぶ車」参入 米企業に430億円出資

トヨタ「空飛ぶ車」参入 米企業に430億円出資

特集:
カー情報

 トヨタ自動車は16日、「空飛ぶタクシー」向けの機体開発に取り組む米企業に対して3億9400万ドル(約430億円)を出資したと発表した。今後、需要の高まりが見込まれる「空飛ぶ車」事業に本格参入する。車の生産や電動化で培った技術を共有し、機体の量産化を目指す。他の自動車メーカーも開発に乗り出しており、次世代の輸送手段の競争は激化しそうだ。

 トヨタの出資先は米カリフォルニア州の「Joby Aviation(ジョビー アビエーション)」。垂直に離着陸し、ヘリコプターやドローン、小型飛行機の特徴を併せ持つ電動の機体「eVTOL(イーブイトール)」の開発を進めている。短距離向けで、渋滞が深刻な都市圏の通勤用などの需要が見込まれる空飛ぶタクシーでの活用を目指している。

 空飛ぶ移動事業を巡っては、韓国の現代自動車が今月、米配車大手ウーバー・テクノロジーズと提携し空飛ぶタクシーの開発を発表。高級スポーツ車メーカーのポルシェも、米航空機大手ボーイングと提携し、共同開発を進めている。

 トヨタの友山茂樹副社長が出資先企業の取締役に就く。