2020.1.15 05:00

“はるかぜちゃん”春名風花、ネットで虚偽や誹謗中傷投稿され提訴

“はるかぜちゃん”春名風花、ネットで虚偽や誹謗中傷投稿され提訴

 “はるかぜちゃん”の愛称で知られる子役出身の女優、春名風花(18)が14日、ネットで虚偽や誹謗中傷の内容を投稿され、名誉を傷つけられたとしてツイッターに書き込みをした人物を相手に横浜地裁に提訴した。

 「彼女の両親自体が失敗作」と書き込んだ人物に慰謝料など265万4000円の支払いを母親とともに求めている。この日、ツイッターに「様々な条件をクリアして、僕も原告になる事が出来ました。早く安心してお仕事が出来るようになりたい」とつづった。

 問題のツイートについて、春名側は2018年10月にプロバイダーに発信者の情報を求めた訴訟を起こし、昨年11月1日に東京地裁がプロバイダーに氏名や住所などの開示を命じていた。