2020.1.8 04:00(1/2ページ)

北島三郎、五輪で『まつり』歌いたい!紅白には苦言&エール「目が忙しくなった」

北島三郎、五輪で『まつり』歌いたい!紅白には苦言&エール「目が忙しくなった」

北島三郎

北島三郎【拡大】

 サブちゃんが紅白に苦言&エール! 歌手、北島三郎(83)が7日、会長を務める東京・中野区の所属事務所で仕事始めをした際、昨年大みそかの第70回NHK紅白歌合戦に言及した。多彩な演出に「目の方が忙しくなった」としつつ、「なくてはならない番組だ」と御大ならではの弁。今年の東京五輪・パラリンピックでは「『まつり』を歌いたい」と熱い胸中も明かした。

 10月4日に84歳を迎える年男。2013年に紅白史上最多の50回出場で卒業し、18年には特別出演するも後輩たちに道を譲ったサブちゃんが、珍しく顔を曇らせた。

 「なんだか歌を聴くより、目の方が忙しかったなあ」。第2部の平均視聴率がビデオリサーチの関東地区調べで過去最低の37・3%を記録した昨年の紅白についての回答だった。ラグビー日本代表がらみのコーナーや過去の五輪映像を含め、演出過多との指摘も多い中、紅白のレジェンドも同様に感じたようだ。

【続きを読む】

  • 13年、竜に乗って紅白を卒業…
  • 第70回NHK紅白歌合戦で竜の頭に乗って熱唱しする氷川きよし