2020.1.1 05:02(1/3ページ)

“ポップオペラ”の貴公子!ノリマサ、ファンに伝える「ありがとう」

“ポップオペラ”の貴公子!ノリマサ、ファンに伝える「ありがとう」

ノリマサの新曲「SOLARE~威風堂々~」のジャケット写真

ノリマサの新曲「SOLARE~威風堂々~」のジャケット写真【拡大】

 2020年のブレーク候補として注目度上昇中の歌手、ノリマサ(藤澤ノリマサ、36)が東京都内でサンケイスポーツの新春インタビューに応じ、デビュー13年目に懸ける思いを激白した。今年は「ありがとうで繋ぐ47都道府県ツアー」を計画。日本全国でポップスとオペラを融合させた独自の“ポップオペラ”を披露する予定だ。

 ポップオペラの貴公子と呼ばれる男は、さわやかな表情でインタビューに応じた。エレガントな衣装に身を包み、デビュー13年目を迎える2020年に胸を躍らせた。

 今年のキーワードとして、「なにひとつ当たり前じゃない」と「ありがとう」の2つを掲げる。「『当たり前』の反対語は『ありがとう』なんです。12年も歌手を続けられたのは、僕ひとりの力じゃない。もっとありがとうという言葉を伝えたい。そのために『ありがとうで繋ぐ47都道府県ツアー』をやりたい」と初挑戦の全国ツアーへの決意を口にした。

 客演、フリーライブなど、今年はあらゆるステージに立つ予定だといい、「これからは、ひとりでも多くの、幅広い年齢層の皆さんに、僕の歌を聞いてもらえたら」とファン層の拡大も視野に入れる。

 ポップスとオペラを融合させる独自の“ポップオペラ”。音楽一家に生まれ育ち、唯一無二の歌唱スタイルを培った。ピアノを習い始めたのは4歳のとき。小学校時代はクラスメートになじめなかったこともあり、「ピアノが遊び相手だった」と回想する。ただ、決められた譜面通りに弾くことはどうしても苦手。「6歳のときに一度やめている。違う先生に習いにいった」と独創性は当時からあったようだ。

【続きを読む】

  • ノリマサ
  • ノリマサ