2019.12.31 19:07

政府、レバノンにゴーン被告引き渡し要請検討も「『逃げ得』になる可能性がある」

政府、レバノンにゴーン被告引き渡し要請検討も「『逃げ得』になる可能性がある」

 外務省幹部は31日、前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告が日本を無断出国し、国籍があるレバノンに入国したと表明したことに関し「事実関係を確認中だ」と取材に答えた。政府関係者は身柄引き渡しについて「さまざまな方策を考える必要がある」と述べ、レバノン政府への要請も視野に検討する考えを示した。

 外務省幹部は、日本とレバノンは犯罪人引渡条約を結んでいないとして「基本的には相手国の理解を得ないと被告人は引き渡されない」と説明。「現段階で、レバノン政府が協力的かどうかは不明だ」と語った。

 別の外務省幹部は、一般論と断った上で「法務省と協議し、外交ルートを通じて引き渡しを求めることになるだろう。ただ、レバノン政府が応じず、『逃げ得』になる可能性がある」と述べた。

 自民党の葉梨康弘元法務副大臣は取材に対し「公的機関は被告人を監視できるわけではなく、信義則が破られた。想定外で、結果は言語道断だ」と強調した。