2019.12.23 15:49

藤井聡太「対局よりも緊張した」/将棋

藤井聡太「対局よりも緊張した」/将棋

自分の写真や声が初めて収録された将棋ゲームソフトの記者発表に登場した藤井聡太七段(提供写真)

自分の写真や声が初めて収録された将棋ゲームソフトの記者発表に登場した藤井聡太七段(提供写真)【拡大】

 高校生プロ棋士、藤井聡太七段(17)が23日、初心者向け将棋ゲームソフト「棋士・藤井聡太の将棋トレーニング」の記者発表会に出席した。AIを取り入れたゲームには藤井七段が先生役で登場し、一緒に学んでいくストーリー仕立てのモードがある。音声の収録は初めての経験だったという藤井七段は「対局よりも緊張した」と笑顔を見せた。

 ソフトは、「Nintendo Switch」用で藤井七段が初の監修を務め、ゲームスタジオ(東京・港区)が来年3月5日に4500円(希望小売価格、税別)で発売する。主に初心者向けで、20級から四段程度を想定しているという。

 藤井七段は「ストーリーモード」で先生役として登場。「よくできました」などの音声を収録しているほか、藤井七段オリジナルの詰将棋問題を出題している。藤井七段は詰将棋解答選手権で5連勝中。

 藤井7段はソフトが完成した後に試してみたが、AIが搭載されていることについて、「普段もAIは活用している。自分の対局を検討してフィードバックしてもらうということに活用している」と明かした。

 今年1年の感想を聞かれると、「トップ棋士と対戦する機会ができて、自分の課題を感じることができた。その経験を来年につなげたい」と振り返った。

 さらに将棋の駒に例え、「『と金』になることはできなかったが、敵陣の4段目、5段目まで行けた。歩のままだが、と金に近づくことができたと思う」と冷静に分析した。

  • ゲームソフト「棋士・藤井聡太の将棋トレーニング」の記者発表会に登場した高校生棋士、藤井聡太七段(撮影・梶川浩伸)