2019.12.22 05:00

タロットでダービー的中のムンロ王子が有馬を占う!

タロットでダービー的中のムンロ王子が有馬を占う!

特集:
ムンロ王子の秘密に迫る

 サンスポコムで11月中旬にタロット占い「ムンロ王子の占館(やかた)」をスタート以降、「なぜか当たる」と評判のムンロ王子が有馬記念の予想に登場。東大法学部卒という経歴を持つおネェキャラのムンロ王子が、タロット占いから導いた今年のグランプリは-。

東大法学部卒という経歴を持ち、今年の日本ダービーでは大波乱の立役者となったロジャーバローズを導き出しているパワータロット・カウンセラーのムンロ王子

 パワータロット・カウンセラーのムンロ王子です。

 サンスポコムで占いのコーナーを持っているという「コネ」で呼ばれたわけではありませんよ。実は今年の日本ダービーでロジャーバローズ(単勝12番人気、93.1倍)を本命にして的中しちゃったので、そのご褒美なんです。

 さて、今回も78枚のタロットカードのうち、大アルカナと呼ばれるメジャーなカード22枚を使って、16頭の「運の調子」を導きだしてみました。有馬記念当日(22日)にいいのは(16)シュヴァルグラン(カードの意味=世界)と(9)アーモンドアイ(魔術師)。世界は22枚の最後にして一番いいカード、魔術師は22枚のうちの「1番」のカードで物を生み出すパワーを意味します。

ムンロ王子が導き出した「世界」のカード

 この2頭に続くのが(7)ワールドプレミア(愚者)、(13)アルアイン(太陽)、第2グループで(15)アエロリット(運命の輪)、(1)スカーレットカラー(恋人)かな。人気馬では(10)サートゥルナーリア(吊るされた人)は「試練の中で時間がかかる」という意味のカードなので今回は…。(5)フィエールマン(正義)はバランスを取るカードなのでどっちに出るか、(6)リスグラシュー(復活)も悪くありません。

 最終的には、この「運の調子がどこにあるか」と、「本来の実力幅のどこを出せたか」を合わせて結果につながります。ムンロ王子的にはいいカードを引いた4頭((16)(9)(7)(13))に(5)(6)をどうからめていくか。「ムンロ王子の占館」ではラッキーナンバーもアドバイスしているので、今すぐチェックして馬券検討の参考にしてくださいね。(ムンロ王子)

ムンロ王子(むんろおうじ)

 東大法学部卒で年齢不詳のパワータロット・カウンセラー。趣味で始めたタロット占いが評判を呼び、10年間で1万人以上を鑑定し、おネェキャラで女性に大人気。先日、タロット本「2020年運気を上げるタロットBOOK」も出版した。