2019.12.21 05:04(1/2ページ)

小林麻美が33年ぶりラジオパーソナリティー!憧れの岸恵子と2時間初対談

小林麻美が33年ぶりラジオパーソナリティー!憧れの岸恵子と2時間初対談

33年ぶりにラジオのパーソナリティーに挑戦した小林(右)。憧れの岸と対談した

33年ぶりにラジオのパーソナリティーに挑戦した小林(右)。憧れの岸と対談した【拡大】

 ヒット曲「雨音はショパンの調べ」などで知られる元歌手で女優、小林麻美(66)が33年ぶりにラジオのパーソナリティーに挑戦することが20日、分かった。来年1月2日放送のニッポン放送開局65周年記念「岸惠子 小林麻美 ボナネ・ジャポン」(後1・0)に出演する。1991年の結婚後、子育てなどのため芸能界を退いたが、2016年にモデルとして活動再開。番組では当時についても触れ、「残りの人生は自分なりに楽しみたい」と目標を掲げた。

 深みのある、しっとりとしたハスキーボイスが帰ってきた。

 小林が、1986年のニッポン放送「今夜だけシンデレラ」以来33年ぶりにパーソナリティーに挑戦。憧れの名女優、岸惠子(87)と初対談した。収録では、すぐに岸と意気投合。約2時間、休憩なしのトークで盛り上がった。

 きっかけは、小林が5月に岸の出演舞台を観劇した際に初対面し、「今度ゆっくり話そう」と約束したことだった。

 84年に「雨音はショパンの調べ」が大ヒットするなど歌手、女優、モデルとして活躍した小林は91年の結婚を機に引退したが、2016年にファッション誌「ku:nel」の表紙に登場し、芸能活動を再開。実は、その背景にあったのが、岸の存在だ。

 小林は29歳のとき、雑誌「PENTHOUSE」日本版創刊号で岸が見せた背中のヌードグラビアに感動。当時の岸は51歳で、年齢にとらわれずに輝き続ける岸の生き方に魅了された。

【続きを読む】

  • ニッポン放送開局65周年記念特番「岸恵子小林麻美ボナネ・ジャポン」に出演する左から岸恵子、小林麻美(ニッポン放送提供)
  • ニッポン放送開局65周年記念特番「岸恵子小林麻美ボナネ・ジャポン」に出演する左から岸恵子、小林麻美(ニッポン放送提供)