2019.12.15 11:00(1/3ページ)

【エンタメLOCK★ON】THE YELLOW MONKEY第2章、初ドームツアーで完結「命を懸けます」

【エンタメLOCK★ON】

THE YELLOW MONKEY第2章、初ドームツアーで完結「命を懸けます」

第2章をドームツアーで完全燃焼させるTHE YELLOW MONKEY(左から菊地英昭、吉井、廣瀬、菊地英二)

第2章をドームツアーで完全燃焼させるTHE YELLOW MONKEY(左から菊地英昭、吉井、廣瀬、菊地英二)【拡大】

 2016年に実質15年間の眠りから覚め、再集結したロックバンド、THE YELLOW MONKEYが結成30周年を迎えた。19年ぶりのオリジナルアルバム「9999(フォーナイン)」はデジタルチャート4冠を獲得し、日本レコード大賞最優秀アルバム賞に輝いた。再集結後の活動を第2章と位置付ける彼らは「21世紀の新しいイエローモンキーに更新できたことがうれしい」と手応えを語る。今月4日に同盤のリマスタリング音源に新曲を加えたCDとライブDVDの2枚組「9999+1」を発売し、28日から初のドームツアーを敢行する。

 再集結から4年間を全力で駆け抜けてきたイエローモンキーが、30年前にボーカル・吉井和哉(53)、ギター・菊地英昭(54)、ベース・廣瀬洋一(56)、ドラム・菊地英二(52)の現メンバーで初めてステージに立った結成記念日、12月28日からドームツアーをスタート。来年2月11日の京セラドーム大阪を経て、ファイナルとなる4月5日の東京ドームで第2章のクライマックスを迎えようとしている。

 名盤「SICKS」に続き、1998年に「PUNCH DRUNKARD」を発売。絶頂を極めた彼らは、113公演ものツアーをまわる中で疲弊し、ミレニアムをまたいだ2001年1月に活動を休止。そのまま04年に第1章の終止符を打つ。そして13年7月、英ロンドンで行われたローリング・ストーンズ50周年公演を見た吉井が、「もう一度僕とバンドをやってくれませんか」と3人にメールしたことから第2章は動き始めた。

【続きを読む】

  • 1stアルバム「THENIGHTSNAILSANDPLASTICBOOGIE」
  • 2ndアルバム「EXPERIENCEMOVIE」
  • 3rdアルバム「jaguarhardpain」
  • 4thアルバム「smile」
  • 5thアルバム「FOURSEASONS」
  • 6thアルバム「SICKS」
  • 7thアルバム「PUNCHDRUNKARD」
  • 8thアルバム「8」
  • 9thアルバム「9999」
  • 9thアルバム特別限定盤「9999+1」