2019.12.12 14:27

今年の漢字は「令」 森貫主「お互いが敬い合い、尊敬し合う」

今年の漢字は「令」 森貫主「お互いが敬い合い、尊敬し合う」

今年の漢字 2019年の漢字が令に決まり、森清範貫主によって揮毫された=12日午後、京都市東山区の清水寺(撮影・永田直也)

今年の漢字 2019年の漢字が令に決まり、森清範貫主によって揮毫された=12日午後、京都市東山区の清水寺(撮影・永田直也)【拡大】

 2019年の世相を1字で表す「今年の漢字」が令和の「令」に決まり、日本漢字能力検定協会が12日、京都市東山区の清水寺で発表した。森清範貫主が縦1・5メートル、横1・3メートルの和紙に特大の筆で揮毫した。

 協会によると、応募総数は21万6325票で、「令」は3万427票。理由としては「新元号令和に、新たな時代の希望を感じた」との意見のほか、法「令」改正による消費税増税、自然災害での警報や避難勧告の発「令」などが挙がった。

 2位は「新」(1万4850票)で「新元号」が理由。3位は「ラグビー日本代表の『ONE TEAM(ワンチーム)』などを連想させる」として「和」(1万281票)、4位は「変」、5位は「災」が続いた。

 森貫主は「令は命という字にも似ている。お互いが敬い合い、尊敬し合うということが令に込められていると思う」と話した。

 「今年の漢字」は25回目。昨年は、自然災害の多発などから「災」が選ばれた。「清水の舞台」で知られる国宝の本堂が改修中のため、今年も奥の院で行われた。