2019.12.11 13:31

Android TV(TM)機能搭載テレビで遊べるアプリに 会員数120万人を超えるオンライン麻雀が初登場

Android TV(TM)機能搭載テレビで遊べるアプリに 会員数120万人を超えるオンライン麻雀が初登場

 株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文/所在地:東京都大田区)が運営するオンライン麻雀「Maru-Jan」(マルジャン)は、12月11日(水)から、Android TV機能搭載テレビで遊べる、「Maru-Jan for Android TV」の提供を開始しました。

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205703&id=bodyimage1

 本作はAndroid TV機能搭載テレビに対応したオンライン対戦型のゲームアプリで、テレビの画面を通して全国のプレイヤーと対局できます。大画面でゆったりと遊べるだけではなく、リモコンでも快適なプレイができるように操作方法を最適化したことで、初めての方でも簡単にお楽しみいただけます。

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205703&id=bodyimage2

 これまで展開してきた、Windows PC版、Microsoft Store版、iOS版、Android版、Mac版、auスマートパス版、Amazon FireTV版で使用しているアカウントをそのまま使用できるため、自宅ではテレビでゆったりと遊び、外ではスマホやタブレットで気軽に遊ぶなど、様々なシーンに合わせた遊び方が可能となります。

 ■ Android TV機能搭載テレビ対応アプリ「Maru-Jan for Android TV」について

 ●動作環境

 対象端末:Android TV機能搭載テレビ

 推奨OS:最新版Android OS

 ※本アプリはGoogle Playストアで公開されております。

 ■ オンライン麻雀「Maru-Jan」について

 【概要】

 サービス開始から15年を迎えた会員数120万人を超えるネット対戦型オンライン麻雀ゲームです。

 和の高級感を追求した、1ゲーム毎に課金の完全有料サービスです。

 Windows・iOS・Android・Mac・Amazon Fire TV・Android TV機能搭載テレビに対応しており、

 プレイ、イベント参加が可能です。

 【特色】

 「丸雀プロリーグ」をはじめ、曜日別・週間・月間・長期など多彩なイベントに参加できます。四人麻雀・三人麻雀・東風戦・東南戦など、ルールに応じた詳細な個人成績を確認できます。

 ●Maru-Jan公式ホームページ:https://www.maru-jan.com/?drn=20191211

 ■ 株式会社シグナルトークについて

 オンライン麻雀 Maru-Janの運営のほか、世界初、健康への効果をスコア化するアプリ「my healthy」や、パソコンで手軽に脳の認知機能を測定できるサービス「脳測」やオンライン将棋「遊び処 ふくろふ」などを展開しています。

 【概要】

 社名:株式会社シグナルトーク

 公式ホームページ:https://www.signaltalk.com/

 所在地:東京都大田区蒲田5-8-7 蒲田K-1ビル8F

 代表取締役:栢 孝文(かや たかふみ)

 事業内容:オンラインゲームの開発、運営、販売等

 ※Android TVは、Google LLCの商標です。