2019.12.11 13:55

アンタ柴田「フジテレビの方々に怒られた」THE MANZAI出演を振り返る

アンタ柴田「フジテレビの方々に怒られた」THE MANZAI出演を振り返る

アンタッチャブルの山崎弘也(左)と柴田英嗣

アンタッチャブルの山崎弘也(左)と柴田英嗣【拡大】

 お笑いコンビ、アンタッチャブルの柴田英嗣(44)が11日放送の文化放送「なな→きゅう」(月~金曜前7・0)に出演。8日に放送されたフジテレビ系「THE MANZAI 2019 マスターズ」出演を振り返った。

 アンタッチャブルは「THE MANZAI」内で10年ぶりの新作漫才を披露。パーソナリティーの上田まりえ(33)から「柴田さん、『THE MANZAI見ましたよ』」と振られた柴田は「勘弁してくださいよ」と恐縮。さらに上田が「めちゃめちゃ面白かったです」とほめそやすと柴田は「そんなことないから、ほんとうに」と謙遜した。

 柴田は「THE MANZAI」で披露したネタについて「人間性だけでやったネタだから。ネタを作りきれずに申し訳ありませんでした」と反省。「10年間を振りかえるっぽい感じのね。ネタでただ振り返っても面白くないから、それをちょっと漫才の調べに乗せたみたいな、ぐらいな感じだったんですけど、結局はふざけただけです」と振り返った。

 続けて柴田は「少しだけ怒られましたしね。ふざけすぎですっていうことで。フジテレビの方々に」と明かしながらも、「それでもね、とりあえず、ああいうところに立てたっていうことと、あと楽しく漫才がやれたっていうことでね。皆さんに感謝っていうことでございます」と話した。

 また、上田に相方・山崎弘也(43)の当日の様子を尋ねられた柴田は「ザキヤマは終始あんな感じだからさ。『お笑い界ひっくり返そう』という意気込みで。思ってもいないこと口にする。書かれちゃうんだから」と笑った。