2019.12.11 15:18

車いす姿の宮川花子、半年ぶりの外出 復帰、退院のメドは立たず

車いす姿の宮川花子、半年ぶりの外出 復帰、退院のメドは立たず

宮川大助・花子の宮川大助(上)と宮川花子(下)

宮川大助・花子の宮川大助(上)と宮川花子(下)【拡大】

 6月から休演が続いていた夫婦漫才コンビ、宮川大助・花子が11日、大阪市内で会見を開き、妻の宮川花子(65)が血液のがんの一種である症候性多発性骨髄腫で闘病中であることを告白した。

 車いす姿で花子は半年ぶりの外出で第一声で「ラグビーのパレードを見たかったのですが…」と笑わせた。

 2018年3月に腰痛を訴え、奈良県内の病院で検査を受けると骨腫瘍の診断。余命6カ月の可能性も指摘されていたが、放射線治療を受け、病状は回復。その後、今年1月に検査では数値が上がっており、医師から大阪市内の病院を紹介されたが、副作用などを恐れ、5カ月間通院しなかった。そして、6月24日に胸から下が動かなくなり、即入院。順調に回復し、この日会見を開いた。

 花子は「病院に入ったときから泣いたらあかんと思っていた。ここで泣くもんかと。NGK(なんばグランド花月)の舞台に立ったときに感謝の涙を流したい」と決意。復帰、退院のメドは立っていない。

 夫の宮川大助(70)は毎日お見舞いに訪れ、看病した。「嫁はんがこういう病気ですと言われたときは辛かったですね。代わってやることもできないしね。僕、嫁はんが好きなんでね。今回余計好きになりましたね。女房に2度目の恋をするというけど、大助花子の人生劇場ですね。イッツ・ショータイム」と涙ながらに話した。

 花子も「結婚するときにどんな人と一緒になるかやなくて、最期を誰と迎えるかと今回、本当に思いました。夫がいつも来てくれて、結婚してくれて、いつまでも変わらない愛情をくれたことで、私はいつお迎えが来ても幸せやなとすごい思いました」と夫に感謝した。

 1976年に結婚し、79年にコンビ結成。花子は88年に胃がんの手術を受け、一時休養している。大助も2007年に脳出血を患い、2017年にも腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさく)症の手術を受けていた。そして、同年、紫綬褒章受章を受章した。