2019.12.8 05:03(1/2ページ)

杉良太郎「活字読んで豊かな感受性を」 『アジア国際子ども映画祭』で提唱

杉良太郎「活字読んで豊かな感受性を」 『アジア国際子ども映画祭』で提唱

映画祭の前に淡路人形浄瑠璃の常設館、淡路人形座を訪問した左から千葉涼平、コロッケ、橘慶太、石田純一、緒方龍一、杉、白間美瑠、ATSUSHI、しゅはまはるみ、伍代夏子=兵庫・南あわじ市

映画祭の前に淡路人形浄瑠璃の常設館、淡路人形座を訪問した左から千葉涼平、コロッケ、橘慶太、石田純一、緒方龍一、杉、白間美瑠、ATSUSHI、しゅはまはるみ、伍代夏子=兵庫・南あわじ市【拡大】

 歌手で俳優、杉良太郎(75)が7日、名誉会長を務める「第13回アジア国際子ども映画祭」を兵庫・南あわじ市で開催した。日本やアジアの子供から映像作品を募る祭典で、ゲストとしてEXILEのATSUSHI(39)らが初参加。杉はインターネット社会で育つ日中韓など16カ国・地域の約400人の子供たちに「活字を読んでじっくり考えることが、豊かな感受性を育てる」と力説した。

 ラグビーW杯ではサモア代表とロシア代表の合宿地として注目された淡路島が、アジアの将来を担う子供たちの希望で再び盛り上がりを見せた。

 鳴門海峡の渦潮で知られる兵庫・南あわじ市文化体育館には日中韓、ベトナムなど16カ国・地域の約400人が来場。杉は映像制作の心構えとして「議論と協調性を持つこと」と伝授し、「将来、大人になった皆さんとまたお会いしたい」と仕事での再会を願った。

 今年の募集テーマは「迷惑をかけることとは? ~自分だけが、良ければいいか? 人のことも考えてあげられるか?~」。ホームビデオで3分にまとめられた力作470本が寄せられた。

 審査も務めた杉はモンゴルの作品を例に「遊牧民の移動式住居にも太陽電池があり、室内でパソコンをやる時代」と世界規模での急速なネット社会の普及を実感した。

【続きを読む】

  • 「第13回アジア国際子ども映画祭」で熱唱するw-inds.と合唱する名誉会長の杉良太郎ら出席者=兵庫・南あわじ市