2019.12.8 05:01

佐久間由衣、初主演映画舞台あいさつ「吐きそう」

佐久間由衣、初主演映画舞台あいさつ「吐きそう」

映画「“隠れビッチ”やってました。」の公開記念舞台挨拶に出席した左から三木康一郎監督、小関裕太、佐久間由衣、大後寿々花、森山未來=東京・新宿

映画「“隠れビッチ”やってました。」の公開記念舞台挨拶に出席した左から三木康一郎監督、小関裕太、佐久間由衣、大後寿々花、森山未來=東京・新宿【拡大】

 女優、佐久間由衣(24)が7日、東京・新宿バルト9で行われた初主演映画「“隠れビッチ”やってました。」の公開イベントに出席した。

 異性からモテることで自尊心を満たしてきた主人公の成長を描く物語。主演として舞台あいさつに立った感想を問われ、「とても吐きそう」と苦笑いした。共演の小関裕太(24)ら扮する男性の恋心を弄ぶ役を好演。三木康一郎監督の演技指導は厳しく、何度もテークを重ねたといい、「終わった後にパニックになって移動車に戻って泣きました」と明かしつつ、「初主演映画がこの作品でよかった」と胸を張った。

  • 映画「“隠れビッチ”やってました。」の公開記念舞台挨拶に出席した左から三木康一郎監督、小関裕太、佐久間由衣、大後寿々花、森山未來=東京・新宿