2019.12.5 00:51

中村医師がアフガンで死亡、胸に銃弾2発 ガニ大統領、当局に犯人拘束を命じる

中村医師がアフガンで死亡、胸に銃弾2発 ガニ大統領、当局に犯人拘束を命じる

 アフガニスタン東部ナンガルハル州ジャララバードで4日、同州で農業支援などに取り組む福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表、中村哲医師(73)らが乗った車が武装した男らに銃撃され、中村さんが死亡した。日本政府関係者が明らかにした。州報道官によると、中村さんのボディーガードや運転手ら5人も死亡した。

 事件が発生したのは午前8時ごろ。目撃者によると、不審な車2台が待ち伏せし、通り掛かった中村さんの車を両側から銃撃したという。

 アフガンのガニ大統領は声明を出し、事件をテロと断定。「残忍な犯行でアフガンの進歩や発展のための活動を阻止することはできない」と強調し、関係当局に銃撃犯を拘束するよう命じた。

 中村さんが搬送されたジャララバードの病院長によると、中村さんは胸に2発銃弾を受けた。ペシャワール会は4日、福岡市で記者会見し、中村さんは同日朝に宿舎を出て、25キロほど離れたかんがい作業の現場に向かう途中に襲撃されたと明らかにした。

 州報道官によると、中村さんは治療を受けるため、病院から首都カブール北方のバグラム米空軍基地に搬送される途中に死亡した。