2019.12.4 20:06

中村哲医師の妻「悲しいばかりです」 訃報受け涙

中村哲医師の妻「悲しいばかりです」 訃報受け涙

 中村哲さんの訃報を受け、妻尚子さん(66)は、福岡県大牟田市の自宅で取材に応じ「悲しいばかりですよ。残念です。きょうみたいな日がこないことだけを祈っていた」と涙を拭いながら語った。

 「場所が場所だけにあり得ると思っていた。家にずっといてほしかったけど、本人が(活動に)懸けていたので…」とも述べた。中村さんが11月下旬まで2週間ほど帰省していたことを振り返り「家では厳しくなかった。いつもさらっと出て行ってさらっと帰ってくる人だった」としのんだ。

 作家火野葦平の三男で、中村さんのいとこの玉井史太郎さん(82)=北九州市若松区=は取材に「あれだけアフガニスタンのために尽くしてきたのに、なぜ凶弾に倒れないといけないのか。怒りの持っていき場がない」と落胆した。

 中村さんは小学1年まで同区で過ごしており、海外で活動するようになってからは年に1回ほど会い、今年8月には同区での講演を聞いた。「会って話をするたびに、活動への熱意が伝わってきた。彼には素朴な正義感があった。こんな事件が起こるとは」と悔やんだ。