2019.12.3 22:42

高校スポーツ推薦入試汚職 教諭が供述「自分が推薦すれば合格」

高校スポーツ推薦入試汚職 教諭が供述「自分が推薦すれば合格」

 福岡県立八幡南高のスポーツ推薦入試を巡る受託収賄事件で、逮捕された当時のサッカー部顧問で同県立高校教諭の本田竜大容疑者(40)が「自分が推薦すれば合格すると思っていた」という趣旨の供述をしていることが3日、捜査関係者への取材でわかった。

 県教育委員会によると、八幡南高の入試では顧問が推薦すれば必ず合格するという制度はなかったが、県警は実質的な「顧問枠」があったとみて調べている。県警は3日、同容疑で本田容疑者を送検した。

 本田容疑者は2015年8月~16年3月、入学を希望する男子中学生の父親から推薦を依頼され、謝礼などとして計約5万円の飲食接待や10万円分の百貨店共通商品券を受け取ったとして逮捕された。

 捜査関係者によると、本田容疑者は飲食接待があった15年8月にこの生徒の父親から依頼を受け、推薦文書を作成して校長に提出。生徒は合格しており、県警は働き掛けが影響したとみている。