2019.11.29 16:33

舛添氏、中曽根氏は「焦点が『桜を見る会』などになっている現状を…」

舛添氏、中曽根氏は「焦点が『桜を見る会』などになっている現状を…」

舛添要一氏

舛添要一氏【拡大】

 安倍、佐藤、吉田、小泉各内閣に次ぐ戦後第5位の長期政権を担い「戦後政治の総決算」を掲げて国鉄(現JR各社)の分割・民営化を実現した元首相の中曽根康弘(なかそね・やすひろ)氏が死去したことが29日、分かった。101歳。群馬県出身。29日午前7時すぎ、東京都内の病院で亡くなった。

 前東京都知事の舛添要一氏(71)はこの日、ツイッターで「最後にお目にかかったのは、私が国会議員だった頃であるが、国際社会の中で日本がどう生き残るかを論じた記憶がある。今の国会の焦点が『桜を見る会』などになっている現状を嘆いておられると思う。御冥福をお祈りする」とつづった。