2019.11.29 05:00(1/2ページ)

【記者とっておきの話】祝、卒業!笑いあり涙ありの「初代」GoGoクイーン5人に幸あれ

【記者とっておきの話】

祝、卒業!笑いあり涙ありの「初代」GoGoクイーン5人に幸あれ

特集:
記者とっておきの話
サンスポGoGoクイーン
大貫彩香、土田和広シニアアドバイザー、高崎かなみ

大貫彩香、土田和広シニアアドバイザー、高崎かなみ【拡大】

 サンスポの主催マラソン大会や冠イベントでPRを行う「サンスポGoGoクイーン」の2代目6人が今月16日、選ばれた。同時に1年間活動した初代クイーンの5人が卒業。バトンタッチの瞬間を感慨深く見守った人物がいた。

 “マネジャー”となってスケジュール管理を担当し、5人から「お父さん」と慕われた営業局の土田和広シニアアドバイザー(59)だ。「みんな真面目で一生懸命。誰一人欠けることなく完走してくれた」と目を潤ませた。

 さまざまな出来事があった。オリックスの本拠地、京セラドーム大阪で野球大会の始球式を務めた大貫彩香(27)が当日、大ファンのDeNAのユニホームを持参。「伝達ミスだったんだけど、着替えることになった彼女は自分を責めて泣いてしまって。僕の母親が病気で急きょ実家に帰ることになったときで、『お母さん大丈夫ですか?』と心配してくれていたから本当に悪いことしたな。責任感が強くて優しい子だった」。

【続きを読む】