2019.11.23 05:04(1/2ページ)

大河出演のナイナイ岡村が激白「長谷川さんはもう切り替えている」

大河出演のナイナイ岡村が激白「長谷川さんはもう切り替えている」

大河ネタを絡めて映画をPRした岡村(左から3人目)と、左から寺脇康文、横山、堤、濱田岳、石原さとみ、橋本良亮=東京・有楽町

大河ネタを絡めて映画をPRした岡村(左から3人目)と、左から寺脇康文、横山、堤、濱田岳、石原さとみ、橋本良亮=東京・有楽町【拡大】

 お笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史(49)が22日、来年1月スタートの次期NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・0)の出演者として初めて合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)について言及した。この日未明のラジオ番組では主演の長谷川博己(42)との会話を明かし、「ワンチームでこの危機を乗り越えたい」と前向きになっている現場の様子を報告。主演映画の初日舞台あいさつではネタにして笑いを誘った。

 沢尻容疑者の逮捕を受け、川口春奈(24)を代役に立てて撮り直しを決めるなど対応に追われた「麒麟-」の出演者が初めて事件に触れた。

 「えらいこっちゃやで、もう。沢尻エリカさんがおクスリでお捕まりになられて」

 この日未明に放送されたニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」の冒頭、岡村は自ら事件を切り出した。

 大河には、長谷川演じる明智光秀の危機を再三救う農民、菊丸役で出演。沢尻容疑者が演じた明智の主君・斎藤道三の娘で、後に織田信長の正妻になる帰蝶(濃姫)とは2シーンで絡んだと明かし「セットはバラしてるやろうし、岩手ロケも季節が変わって畑の色も違うやろうし…」と再撮の難しさを語った。

 21日には、すでに別パートの再撮を始めている長谷川とNHKで会ったといい、「『大変でしたね』っていう話をして。でもね、長谷川さんはもう切り替えてはった。『こういうことがあるのはしょうがないことですから』って」と報告。「こういうことがあったから余計、団結した感じがする。長谷川さんとも『ご飯行きましょう』って連絡先を交換した」と現場の結束力が強まったことを明かした。

【続きを読む】

  • 映画「決算!忠臣蔵」の初日舞台あいさつに出席した左から中村義洋監督、寺脇康文、横山裕、岡村隆史、堤真一、濱田岳、石原さとみ、橋本良亮=東京・有楽町
  • 映画「決算!忠臣蔵」の初日舞台あいさつに出席した左から寺脇康文、横山裕、岡村隆史、堤真一=東京・有楽町