2019.11.18 05:05(1/2ページ)

沢尻エリカ容疑者、10年以上常習か 芸能人芋づる式に逮捕の可能性も

沢尻エリカ容疑者、10年以上常習か 芸能人芋づる式に逮捕の可能性も

東京湾岸署から送検される沢尻容疑者を乗せたとみられる車両。姿は確認できなかった=東京・江東区(撮影・斎藤浩一)

東京湾岸署から送検される沢尻容疑者を乗せたとみられる車両。姿は確認できなかった=東京・江東区(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 女優、沢尻エリカ容疑者(33)が合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕されて一夜明けた17日、同容疑者は警視庁東京湾岸署から東京地検に身柄送致された。また、「長年にわたって違法薬物を使っていた。MDMAも以前から使用していた」と供述していることが捜査関係者への取材で明らかに。10年前、前事務所から契約解除された際、薬物疑惑がささやかれたが、その頃からクスリ漬けになっていた可能性は高い。

 17日早朝、沢尻容疑者が留置された東京湾岸署には、本人の姿を撮ろうと約50人の報道陣が集まった。ものものしい雰囲気の中、午前8時8分、送検のため同容疑者を乗せたシルバーのワンボックス車が署を出発。無数のフラッシュを浴びたが、カーテンが引かれていたため、姿をうかがうことはできなかった。

 沢尻容疑者は事情聴取に対し「長年にわたって違法薬物を使っていた。MDMAも以前から使用していた」と供述しており、常習的にさまざまな薬物に手を染めていたことが分かった。逮捕の約1カ月前、警視庁には同容疑者がMDMAとは別の「違法薬物を所持している」などの情報提供があり、組織犯罪対策5課が内偵捜査していた。

 また、同容疑者が2009年に前事務所から専属契約を解除された際、大麻使用疑惑がささやかれた。前事務所はそれ以降、所属タレントへの薬物検査を定期的に行っている。今回の供述は当時の疑惑が真実に近かったことを浮き彫りにした。

【続きを読む】

  • 「以前からMDMAを使用」と供述していることが判明した沢尻容疑者