2019.11.16 00:54

「桜を見る会」の夕食会、事務所職員が集金を担当 安倍首相が経緯説明

「桜を見る会」の夕食会、事務所職員が集金を担当 安倍首相が経緯説明

 安倍晋三首相は15日、「桜を見る会」に参加した地元支援者らの旅費や宿泊費について、参加者が「それぞれ旅行代理店に支払った」と記者団に説明した。前日の夕食会の費用に関し、ホテルの会場で首相の事務所職員が受け付けし集金。ホテル名義の領収書をその場で手渡した。集めた現金はホテル側に渡したとして「安倍事務所や後援会としての収入、支出は一切ないと確認した」と語った。

 夕食会の費用1人5000円が安過ぎるとの批判に対しては「大多数がホテルの宿泊者という事情を踏まえ、ホテル側が設定した」と言及。毎年、ホテルを利用しているなどさまざまな要素を「ホテル側が総合的に勘案して決めることだと思う」と述べた。

 夕食会の受け付けを安倍事務所職員が担当したことに関しては「集金した全ての現金をその場でホテル側に渡す。政治資金規正法上の違反には全く当たらない」と説明した。

 首相は、事務所がツアーを取りまとめていたことには「代理店にお願いしてやっていたのは知っている」と語った。