2019.11.15 05:01

青葉容疑者、厳戒転院…京アニ放火事件から4カ月

青葉容疑者、厳戒転院…京アニ放火事件から4カ月

 アニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、殺人などの容疑で逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)が14日、高度な治療を受けていた大阪府内の病院から京都市内の病院に転院した。

 青葉容疑者を乗せたドクターカーは午前9時ごろ大阪府内の病院を出発。警護車両が前後を挟むように走行し、約1時間15分後に京都市内の病院へ到着した。ストレッチャー上の青葉容疑者は青いタオルケットなどに包まれており、表情はうかがえなかった。

 同容疑者は今月8日、京都府警による任意の事情聴取で「一番多くの人が働いている第1スタジオを狙った。多くの負傷者を出せそうだと思ったから」と容疑を認め、「どうせ死刑になる」などと供述。京都府警は勾留に耐えられる程度まで回復するのを待って逮捕する方針だが、治療が長期化する可能性もあり、見通しは立っていない。