2019.11.6 04:00

超豪華!竹内涼真の両親役に鈴木亮平&榮倉奈々、妻役は上野樹里

超豪華!竹内涼真の両親役に鈴木亮平&榮倉奈々、妻役は上野樹里

主役級が顔をそろえた“家族写真”が完成! 竹内(中央右)主演の珠玉のミステリーを盛り上げる左から榮倉、鈴木、上野

主役級が顔をそろえた“家族写真”が完成! 竹内(中央右)主演の珠玉のミステリーを盛り上げる左から榮倉、鈴木、上野【拡大】

 俳優、鈴木亮平(36)と女優、榮倉奈々(31)が来年1月スタートのTBS系日曜劇場「テセウスの船」(日曜後9・0)に、竹内涼真(26)扮する主人公の両親役で出演することが5日、分かった。

 漫画誌「モーニング」で連載された同名漫画が原作。警察官の父親が起こした殺人事件の謎を追う青年(竹内)が、事件直前となる31年前の平成元年にタイムスリップし、家族の笑顔を取り戻すため“過去を変える”ことに挑むサスペンスだ。

 鈴木は、主人公が生まれる前に殺人犯として逮捕された父役で、過去は快活な警察官で現在は死刑囚という難役。実年齢10歳差で所属事務所の後輩と親子役で初共演することに「心の深い部分でぶつかっていけることが今から楽しみ」と待ちきれない様子。身長も鈴木が186センチ、竹内が185センチとほぼ同じで、「デカい親子として頑張ります」とユーモラスに気合を入れた。

 夫が逮捕されるまでは笑顔が印象的だった母役の榮倉は「ドラマにはどんなスパイスが盛り込まれるか楽しみです」と武者震い。夫で俳優、賀来賢人(30)との間に2歳の子供がおり、リアルな演技が注目される。

 主人公を支える妻役は上野樹里(33)に決まり、「家族の真実の姿と向き合う作品になれば」とコメント。主役級の3人が、ゴールデン帯ドラマ初主演を飾る竹内の“船出”を支える。