2019.11.5 05:05(1/3ページ)

菊池桃子、経産省エリートと再婚!15年に政府の仕事で知り合い今年から交際

菊池桃子、経産省エリートと再婚!15年に政府の仕事で知り合い今年から交際

再婚を発表した菊池。相手はなんと、経済産業政策局長!

再婚を発表した菊池。相手はなんと、経済産業政策局長!【拡大】

 女優の菊池桃子(51)が4日、再婚したことをブログで発表した。相手は経済産業省で経済産業政策局長を務める新原浩朗=にいはら・ひろあき=氏(60)。この日、代理人が婚姻届を提出した。出会いのきっかけは、安倍内閣の少子高齢化対策の一つとして2015~16年に開催され、菊池が民間議員として起用された「一億総活躍国民会議」。今年になって再会し、意気投合して交際に発展。結婚を後押ししたのは、前夫との間にもうけた2人の子供だった。

 国民の代表として少子化と高齢化について提言し、大学ではキャリア教育の講義を受け持つ才色兼備の人気女優が、確かな幸せを手に入れた。

 お相手は、経済産業政策局長の要職にある新原氏。福岡県出身で1984年、東大経済学部を卒業して通商産業省(現経済産業省)入省。産業組織課長などを経て、2010年には民主党政権で首相秘書官を務めたエリートだ。

 出会いのきっかけは、安倍晋三首相の肝いりで発足した私的諮問機関「一億総活躍国民会議」。自民党総裁に再選された安倍首相が2015年9月に設置。同10月から16年6月まで計9度の会議が開かれ、結果は「ニッポン一億総活躍プラン」として閣議決定された。

 母校の戸板女子短大で客員教授を務める菊池も閣僚や有識者に交じって民間から起用され、「一億総活躍」という言葉が分かりづらいと指摘するなど積極的に発言。その一連の会議を通じて知り合ったのが新原氏だった。

 2人は、月に1度の会合などで親睦を深め、今年に入って“勉強会”で再会。意気投合して結婚前提の交際に発展した。

【続きを読む】

  • 菊池桃子を妻にゲットした新原氏。周囲からは「大金星だ!」という声が上がっているという
  • 政治家・官僚と結婚した主な女性芸能人