2019.11.4 20:37

VW、主力EVの量産開始 電動車攻勢へ

VW、主力EVの量産開始 電動車攻勢へ

特集:
カー情報

 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は4日、同国東部ツビッカウの工場で、小型の電気自動車(EV)「ID.3」の量産を開始した。世界各地で普及が進みつつある電動車の売り込みを図る方針としており、「ID.3」を戦略の軸に据える。

 VWは「ID.3」を来年から売り出し、ビートル、ゴルフといった人気モデルに育てる考えだ。ツビッカウの工場をEV専用とするための作業を続けており、2021年から年間で最大33万台のEVを生産。投資額は12億ユーロ(約1450億円)に上るとしている。

 VWはディーゼル車を重視する戦略を採用してきたが、排ガス不正問題を機に方針を転換。28年までに70車種のEVを投入し、世界で2200万台販売する計画を掲げており、今後「ID.」シリーズを順次展開する。

 ツビッカウの工場での開始式にはメルケル首相も出席し、工場が「ドイツ自動車産業の将来の基礎となる」と強調した。(共同)