2019.10.28 12:16

「身の丈受験」発言の萩生田文科相が謝罪「不安を与えかねない説明だった」

「身の丈受験」発言の萩生田文科相が謝罪「不安を与えかねない説明だった」

 萩生田光一文部科学相は28日、大学入学共通テストの英語で導入される民間検定試験に関して「自分の身の丈に合わせて頑張ってもらえれば」とテレビ番組で述べたことについて、報道陣の取材に応じ「国民、特に受験生に不安を与えかねない説明だった。おわびしたい」と謝罪した。

 民間試験導入を巡っては、受験生の経済状況や居住地によって不利が生じるのではないかと懸念の声が高まっており、全国高等学校長協会は2020年4月開始の延期を求めている。

 24日のBSフジの番組で萩生田氏は、共通テストの枠組みでの民間試験は最大2回まで受験できるが、裕福な家庭の子であれば本番に近い形式の民間試験を事前に何度も受けられるかもしれないとした上で、「身の丈」に合わせた受験を呼び掛けていた。

 萩生田氏は発言について「どのような環境下の受験生でも自分の力を最大限発揮できるようにしてほしいという思いだった」と釈明。一方で「試験そのものは公平に設計したが、受験勉強(の環境)を行政側が全てイコールにするのは難しい」とも述べた。