2019.10.26 13:07

チュート徳井、16年に銀行預金差し押さえ 社会保険にも未加入

チュート徳井、16年に銀行預金差し押さえ 社会保険にも未加入

チュートリアルの徳井義実

チュートリアルの徳井義実【拡大】

 お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)の個人会社が東京国税局に計約1億2000万円の申告漏れを指摘された問題で、徳井が所属する吉本興業は26日、徳井が当面の間、芸能活動を自粛すると発表した。本人が事務所に申し入れたという。

 徳井は「世間の皆様に不信感を与えてしまい、誠に申し訳ございませんでした。あらためて納税に対する意識、仕事のこと、自分自身のこと、しっかりと見つめ直していきたいと思っております」とのコメントを出した。

 また吉本興業は同日、申告漏れに関する追加報告を公表。個人会社は2009年に設立されたが、毎年の期限内に申告を行わず、税務署の指摘を受けて12年と15年にそれぞれ3年分をまとめて申告。しかし申告後も未納が続き、16年には銀行預金を差し押さえられた。同社は社会保険にも加入していなかったという。

 吉本興業によると、18年までの7年間で、個人会社の申告漏れ額は約1億1800万円で、他に経費として認められなかった額が約2000万円に上った。これらの分の追徴税額で約3700万円を納付したという。