2019.10.26 05:03(2/2ページ)

資産、お・も・て・で・た滝クリ…2億9001万円 安倍内閣新閣僚15人の保有資産公開

資産、お・も・て・で・た滝クリ…2億9001万円 安倍内閣新閣僚15人の保有資産公開

閣議後の会見で辞任を発表する菅原氏 =25日午前、国会

閣議後の会見で辞任を発表する菅原氏 =25日午前、国会【拡大】

 進次郎氏の総資産は、公開済みの安倍首相や留任閣僚を含めても、最多の麻生太郎副総理兼財務相(79)の5億2303万円(2017年11月時点)に続く、2番目の額となった。

 新閣僚で2番目に多いのは、加藤勝信厚生労働相(63)の9113万円で、竹本直一科学技術担当相(78)の8266万円が続いた。最少はゼロの赤羽一嘉国土交通相(61)。

 15人の総資産平均は5107万円。家族分を除いた閣僚本人の資産平均額は2682万円となった。安倍首相や留任閣僚を含めた内閣全体の総資産平均は8271万円。辞任した菅原氏に替わり、経産相に就任した梶山氏の資産は後日、公開される。

閣僚資産公開

 首相や閣僚、副大臣、政務官らが就任時と退任時に本人と配偶者、扶養する子の資産状況を自己申告で報告する制度。地位を利用した不正蓄財を監視するのが目的で、2001年に閣議決定した「大臣規範」に基づき公開する。株式は銘柄や株数だけを公開し、ゴルフ会員権や自動車、美術品などの金額は表記しない。普通預金は公開対象外。不動産は固定資産税の課税標準額によるため、実態が反映されていないとの指摘がある。

  • 今年8月、官邸で滝川(右)との結婚を報告する進次郎氏。妻の資産が公になり、胸中は複雑…