2019.10.24 05:04(1/2ページ)

新井浩文被告に懲役5年求刑 「恐怖で抵抗できなかった」意見陳述に「疑問」

新井浩文被告に懲役5年求刑 「恐怖で抵抗できなかった」意見陳述に「疑問」

懲役5年を求刑され、東京地裁を後にする新井被告=東京・霞が関 (撮影・塩浦孝明)

懲役5年を求刑され、東京地裁を後にする新井被告=東京・霞が関 (撮影・塩浦孝明)【拡大】

 派遣型マッサージ店の30代女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた元俳優、新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)の論告求刑公判が23日、東京地裁で開かれた。法廷では被害女性が現在の心境をつづった意見陳述が朗読され、「恐怖で抵抗できなかった」などと主張。新井被告は「今まで抵抗したと主張してきたのに疑問」と納得できない様子で反論した。検察側は懲役5年を求刑。判決は12月2日に言い渡される。

 9月2日の初公判、同26日の第2回公判では冷静な口調で無罪を主張してきた新井被告。この日は被害女性の弁護人が意見陳述を朗読し、「(事件当時は)恐怖で思考が停止し、抵抗できなかった」などとする訴えに首をかしげた。

 公判の最後、証言台に立った新井被告は滝岡俊文裁判官から「最後に何かありますか?」と聞かれると、「今までは『ずっと抵抗していた』と主張していたのに、なぜ変わったのか疑問です」と不満そうに反論した。

 今回の争点は〔1〕暴行の有無〔2〕性交の合意があると誤信することはなかったかどうか。過去2回の公判で検察側は性交時、女性は「入れないで」などと訴え、両足を閉じたと説明。拒否の意思を示しており、誤信はないと主張していた。

 今回の意見陳述は公判の証拠としては採用されず、あくまで女性が現在の心情をつづったものだが、新井被告は誤信を訴える最後の機会ととらえて反論したとみられる。

【続きを読む】