2019.10.23 11:00(1/3ページ)

【格闘家イケメンファイル】魂の日本男児・愛鷹亮

【格闘家イケメンファイル】

魂の日本男児・愛鷹亮

特集:
TOKYO HEADLINE
撮影・神谷渚

撮影・神谷渚【拡大】

 2019年8月、「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」において、K-1 WORLD GPクルーザー級の王者シナ・カリミアンを鮮烈な右フックで失神KOし、文字通りの“ジャイアント・キリング”を果たした愛鷹亮。きたる11月24日(日)、横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり~」でダイレクト・リマッチという流れで、カリミアンの保持するクルーザー級タイトルへ挑戦する。

 「カリミアン選手は自分の名前すら多分知らなかっただろうし相当油断していたはずです。だからこそ次は120%の力でタイトルマッチに臨むはずなので、“大阪大会のようにうまくはいかないだろう”と重々理解して練習を積んでいます。メンタル的には、一度対戦して相手の実態がつかめているので、勝率は大阪大会よりも高いと思います。あの時は正直そんなに自信は持ってなかったですから。無敗のチャンピオンで身長も2メートルあり、客観的に“強いな。タフだな”と思っていた相手なので、“自分のパンチが本当に届くのか?”という不安もあって、勝率は半分かそれ以下だと思っていました。でも周りは、“普通にやれば勝てるよ”と。それでも“この人たちは他人事だからってホント軽く見てるな”と思っていました(笑)。それは、あまり自分を過大評価しないようにしているからでもありました。過大評価は驕りに繋がり、それが油断になる。だから、ちょっとビビっているくらいのほうがちゃんと練習もできますし、相手のことも警戒して集中力も高まります」

【続きを読む】