2019.10.21 00:44

小野リサが新アルバム発売 洋楽の日本語詞カバーや昭和歌謡も

小野リサが新アルバム発売 洋楽の日本語詞カバーや昭和歌謡も

左から阿木耀子、小野リサ、宇崎竜童

左から阿木耀子、小野リサ、宇崎竜童【拡大】

 ボサノバ歌手、小野リサ(57)が12月4日に新アルバム「愛から愛へ~愛の讃歌」(ドリーミュージック)を発売することが21日、発表された。

 2011年からスタートした日本語によるJ-POPカバーアルバム第5弾で全12曲を収録。「愛の讃歌」「別離」など小野の独自の感性で選曲した洋楽を日本語詞でカバーし、菅原洋一(86)の「今日でお別れ」や二葉あき子さんの「水色のワルツ」など昭和歌謡も披露している。

 作詞家、阿木耀子さん(74)と週刊誌「サンデー毎日」の連載で対談したことで楽曲を依頼し、阿木さんが作詞、阿木さんの夫で作曲家兼歌手、宇崎竜童(73)が作曲した新曲「まだ恋が足りない」も収録。レコーディングには宇崎・阿木夫妻が立ち会った。

 小野は11月16日放送のBSフジ「宇崎竜童の銘曲ビストロ~新時代へのメッセージ~」(土曜後10・0)にゲスト出演し、宇崎とのライブセッションを披露する。

 また、来年2月21日の東京・渋谷オーチャードホールを皮切りに、同29日の福岡シンフォニーホール、4月30日の大阪・新歌舞伎座などで全国ツアーを行う。