2019.10.20 04:00

春風亭昇太、幸せ全開披露宴!「笑点」メンバーら300人祝福、円楽は涙の祝辞

春風亭昇太、幸せ全開披露宴!「笑点」メンバーら300人祝福、円楽は涙の祝辞

春風亭昇太

春風亭昇太【拡大】

 6月に18歳下の元タカラジェンヌ(41)との結婚を発表した落語家、春風亭昇太(59)が大安の19日、東京・内幸町の帝国ホテルで挙式・披露宴を行った。

 複数の関係者によると、落語協会副会長の林家正蔵(56)ら約300人が出席。昇太は「落語家だから着物で出たい」と紋付きはかま姿で花嫁と登場した。

 3時間超に及んだ披露宴の司会は、日本テレビ系「笑点」のメンバーでもある林家たい平(54)が担当。あいさつでは、昇太が会長を務める落語芸術協会の参事で「笑点」メンバーの三遊亭小遊三(72)が新郎側、2人のキューピッドでもある笑福亭鶴瓶(67)が新婦側で立った。さらに昇太が水曜レギュラーで出演するニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」の放送作家、高田文夫(71)が乾杯の音頭を取った。

 余興では新婦の宝塚歌劇団時代の仲間が「すみれの花咲く頃」を歌唱し、落語協会会長の柳亭市馬(57)も自慢ののどを披露して盛り上げた。

 祝辞では落語家、立川志の輔(65)と元宝塚歌劇団花組トップスターで女優、真矢ミキ(55)のほか、三遊亭好楽(73)、林家三平(48)の「笑点」メンバーが登場。三遊亭円楽(69)は、昨年7月に他界した桂歌丸さんの名を挙げ、「歌丸師匠も喜んでいる」と涙ぐんでいたという。

 心温まる祝福に昇太は「奥さんの言うことを聞いて仲良く結婚生活を送れたら。皆さん、僕らを見て、監視して、注意していただきたい!」と幸せオーラ全開で感謝の言葉を述べていた。

★主な出席者

 林家彦いち、桂小南、山田隆夫、夢枕獏、松村邦洋、松本明子、渡辺正行、小宮孝泰、ラサール石井、中井美穂、松尾貴史 ※敬称略、順不同