2019.10.17 12:35

鍵所在不明、避難所開けず 埼玉県幸手市の2カ所

鍵所在不明、避難所開けず 埼玉県幸手市の2カ所

 台風19号の影響で利根川が氾濫する危険があるとして避難勧告が出された埼玉県幸手市で、市内の指定避難所19カ所のうち、2カ所は鍵の所在を把握しておらず、開けなかったことが17日、分かった。避難してきた住民には、他の避難所に誘導するなどして対応したという。

 市の危機管理防災課によると、13日午前1時に災害対策本部を設置し、避難所開設を始めた。小中学校や市の施設は市で管理していた鍵で開けられたが、幸手看護専門学校と日本保健医療大の校舎については鍵の所在が分からず、学校側とも連絡が取れなかったため、開けなかった。

 利根川で氾濫危険水位を超えたため、市は午前2時半に市内全域に避難勧告。日本保健医療大では市職員が住民を別の避難所に誘導した。幸手看護専門学校では、体育館や図書館を市などが管理していた鍵で開けて対応した。

 15日になり、鍵は市で管理していたことが分かった。長年避難勧告が出ておらず、避難所開設の経験がある職員はいなかったという。