2019.10.17 21:00

坂本冬美「大きな力になる」チャリティー公演で募金呼びかけ

坂本冬美「大きな力になる」チャリティー公演で募金呼びかけ

音事協主催のチャリティー公演「虹の架け橋まごころコンサート」で熱唱する左から山田太郎、氷川きよし、伍代夏子、坂本冬美、北島兄弟(北山たけし、大江裕)

音事協主催のチャリティー公演「虹の架け橋まごころコンサート」で熱唱する左から山田太郎、氷川きよし、伍代夏子、坂本冬美、北島兄弟(北山たけし、大江裕)【拡大】

 坂本冬美(52)、氷川きよし(42)ら19組22人の歌手が17日、東京・渋谷のNHKホールで「第19回 虹の架け橋まごころ募金コンサート」(主催・日本音楽事業者協会)を開いた。

 災害救援や環境保全を目的としたチャリティー公演。1カ月半の間に台風15号、19号が次々と日本列島を襲い、甚大な被害をもたらしたことに坂本は「心が痛いです。大勢で立ち上がれば大きな力になる。被災された方々に届くように歌います」と呼びかけた。

 公演は没後30年になる美空ひばりさんを特集。坂本、伍代夏子(57)、石原詢子(51)の3人で「川の流れのように」を熱唱し、氷川は「悲しい酒」「みだれ髪」をしっとり聴かせた。北山たけし(45)と山内惠介(36)は「柔」をデュエット。最後は全員で「港町十三番地」と唱歌「ふるさと」を大合唱するなど全37曲で盛り上げた。

 この模様は、11月3日午後7時半からNHK BSプレミアムで放送される。