2019.10.16 13:04

吉祥寺ココマルシアター運営会社社長ら書類送検 無許可で映画館営業疑い

吉祥寺ココマルシアター運営会社社長ら書類送検 無許可で映画館営業疑い

 無許可で映画館を営業したとして、警視庁保安課は16日、興行場法違反の疑いで東京都武蔵野市の映画館(通称ココマルシアター、9月閉館)を運営していた男性社長(50)と男性の元社員(42)を書類送検した。同課によると、同館1階は営業許可を取っていたが、許可が下りなかった2階も喫茶店と見せかけて映画を上映していた。

 興行場法は、映画館や劇場の営業には都道府県の許可が必要と定めている。2階は避難用階段が一つしかないなど不備があったため、都は営業を認めていなかった。

 2人の書類送検容疑は昨年7~12月、2階を映画館として無許可営業した疑い。都が計57回行政指導したが改善されず、今年5月に刑事告発していた。2人とも容疑を認めている。

 2階の入場料は800円で、2017年12月~19年2月に約1200人が来場し、飲み物代も含め約110万円を売り上げたという。