2019.10.16 19:48

北朝鮮、米韓訓練をけん制「侵略的な挑発策動は傍観しない」

北朝鮮、米韓訓練をけん制「侵略的な挑発策動は傍観しない」

 北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、論評を出し、米韓両軍が秋に海兵隊の合同訓練を計画していると非難、「侵略的な挑発策動は傍観しない」とけん制した。日米韓の当局は、北朝鮮が対米交渉と並行して弾道ミサイルなどの兵器実験を続ける恐れがあるとみて警戒している。

 北朝鮮メディアは16日朝、金正恩朝鮮労働党委員長が「革命の聖地」とされる白頭山に登り、ふもとの三池淵郡を視察したと報じた。金氏は「米国をはじめとする敵対勢力」との表現で米国を名指しで批判した。何らかの重大決定を下すとの臆測も出ている。

 スウェーデンのストックホルムで5日行われた米朝実務協議が不調に終わって以降、金氏の対米批判発言が伝えられるのは初めて。

 論評は、韓国海兵隊と沖縄に駐留する米海兵隊第3海兵遠征軍が奇襲能力の熟達を図っていると主張。米朝対話が膠着している状況で米側が演習計画で騒ぎ立てるのは、対決へと追いやる重大挑発だと非難した。(共同)