2019.10.16 17:04

横山ひろし、春けいこと夫婦漫才コンビを結成

横山ひろし、春けいこと夫婦漫才コンビを結成

新コンビを結成した左から春けいこ、横山ひろし

新コンビを結成した左から春けいこ、横山ひろし【拡大】

 漫才師、横山ひろし(72)と妻で女性漫才コンビ、春やすこ・けいこの春けいこ(61)が16日、大阪市内で「お笑い披露公演~年忘れネタ祭り~」(12月1日、大阪松竹座)の開催会見に出席し、夫婦漫才コンビ「横山ひろし・春けいこ」を結成したことを報告した。

 ひろしは漫才コンビ、横山たかし・ひろしとして51年間活動してきたが、今年6月に相方の横山たかしさん(享年70)が死去。「ピンでやってもいいと思っていた。この年から相方を探すのは難しいし、ネタを合わさなアカンけど、夫婦やったら家でできる。時間もないんで、2人やったら大人の漫才ができるかなと。楽しんでできると思った」と経緯を話した。

 夫婦コンビを組むきっかけは「自然に」だった。ひろしがコンビを組みたがっている気持ちをけいこが感じ取り、結婚37年目でコンビ結成。過去にはバラエティー番組「オレたちひょうきん族」や3年前に特別企画として夫婦漫才を披露したことはあるが、この日から本格的に始動。新ネタもすでに2、3本用意しており、12月の同公演で本格的に初舞台を踏む。けいこは「漫才ブームの時代から40年経て、フレッシュにやってきた春けいこをよろしくお願いします」と意気込みを語った。

 「51年たかしとやってきましたけど、まったく新人としてがんばりたい。いちばん若手になりますから、M-1も機会があれば」と、なんと結成15年以下が出場資格の漫才師日本一決定戦「M-1グランプリ」の出場にも意欲を見せた。