2019.10.14 20:10

ミタパン、試写会で司会を担当

ミタパン、試写会で司会を担当

司会を担当したフジテレビの三田友里佳アナウンサー=東京・有楽町

司会を担当したフジテレビの三田友里佳アナウンサー=東京・有楽町【拡大】

 仏女優、カトリーヌ・ドヌーヴ(75)主演の映画「真実」の日本語吹き替え版の公開記念舞台あいさつが14日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日比谷で行われ、是枝裕和監督(57)と声優を務めた宮本信子(74)、宮崎あおい(33)、佐々木みゆ(8)が出席した。

 母と娘の葛藤を描いた物語で、試写会はフジテレビの三田友梨佳アナウンサー(32)が司会を担当。タイトルにちなみ、最近知って驚いた「真実」について聞くと、ドヌーヴの演じた母の声を担当した宮本は「ラグビーの日本代表! 日本はものすごく強いというのが真実です。頑張ってもらいたい」と熱いエールを送った。

 仏女優、ジュリエット・ビノシュ(55)が演じた娘の声を担当した宮崎も「私も(テレビで見て)ワーッ、やった!と拍手しました。私にとっての真実は、最近作り方を習って知ったんですけど、シフォンケーキにはこんなにオイルが入っているんだということですね。オイルはなるべく減らしたい」と料理好きらしい一面をのぞかせた。

 佐々木は「ドヌーヴさんは見た目、怖いけど、すごくやさしいというのが真実」、是枝監督は「三谷幸喜監督はトークが面白い。ずるいよねえ。監督はみんな面白いこと言えると思われると困っちゃう」と苦笑しきりだった。

  • オフィシャル『真実』公開記念舞台挨拶
  • 左から是枝監督、佐々木みゆ、宮本信子、宮崎あおい=東京・有楽町
  • 左から是枝監督、佐々木みゆ、宮本信子、宮崎あおい