2019.10.13 13:41

台風19号、温帯低気圧に 特別警報は順次解除

台風19号、温帯低気圧に 特別警報は順次解除

台風19号の大雨で浸水した埼玉県川越市の住宅=13日午前7時50分(共同通信社ヘリから)

台風19号の大雨で浸水した埼玉県川越市の住宅=13日午前7時50分(共同通信社ヘリから)【拡大】

 台風19号は13日、関東を縦断して福島県付近から太平洋に抜け、正午に日本の東で温帯低気圧に変わった。大雨特別警報は午前0時40分に発表された岩手県を含む全13都県で順次解除された。

 気象庁によると、今回の台風で神奈川県箱根町では48時間降水量が1001・0ミリ、静岡県伊豆市で760・0ミリ、埼玉県秩父市で687・0ミリを記録。それぞれ年平年値の3~4割に達し、史上最高記録を更新した。

 台風19号は13日正午に温帯低気圧に変わった時点で中心気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、中心から半径750キロ以内で風速15メートル以上の強風域だった。12日午後6時に「大型で非常に強い台風」から「大型で強い台風」に変わり、さらに13日午前3時に「大型の台風」に変わった。